社長ブログ

「第45回ホノルル国際マラソン大会」無事完走!

12月10日にアメリカ合衆国ハワイ州オアフ島ホノルル市で開催された「第45回ホノルル国際マラソン大会」に初参加しました。無事、完走して一つの目標を実現しました。

フルマラソンのスタート地点では

フルマラソンのスタート地点では

マラソンは5時からスタートですが、宿泊ホテルからスタート地点であるアラモアナ公園まで2.2マイル(約3.5キロメートル)離れている為、深夜2時半に起き、食事を軽く取り、4時にホテルから出発、途中から参加者の流れと合流しながら、4時40分頃にスタート地点に着きました。
11月に入ってから、3回ほどハーフの21キロメートルを走った為、特に緊張を感じることなく、「必ず完走する!」という意気込みでした。

5時になると、日本の夏の花火大会ほどの大きな花火が次々打ち上げられ、2017年のホノルルマラソンがスタートしました。参加者が多い為、スタート時点にたどり着いたのは、スタートから15分程過ぎた時でした。

フルマラソンの厳しさと、声援の力

フルマラソンの厳しさ

最初の1キロぐらいまでは小走りしか出来ない状態でしたが、段々と前後のスペースが取れ、通常通り走れるようになりました。練習のお陰で最初の10キロはかなり良いタイムで、20キロまでは想定内のペースで進みました。

途中は少し小雨が降り出した為、温度も熱くなく、走るのには最高の環境でした。
しかし、25キロを越えると、足などキツく感じ、殆ど小走りしかできない状態が続きました。35キロを越えると、足に強い痛みを感じ、走ったり、歩いたりなどを繰り返し、今まで感じたことがない痛みを我慢しながら何とか前へ前へとゆっくり進みました。

幸い、沿道に給水所のボランティア、ギャラリーなどから暖かい応援を頂き、最後まで頑張れる励みとなりました。結局、目標のタイムを大幅にオーバーしての完走でしたが。目標のタイムより自分の思いと努力で走り切った達成感があり、最大の幸せを感じることができました。
数年前は、3キロ走ると息が出来なくなるぐらいだった当時の自分を考えると、今の自分は信じられないほど強くなったと感じています。

フルマラソン無事完走!

フルマラソン無事完走!

「自分には無理」とは自分を騙す只の言い訳に過ぎません。思いと努力を惜しまず行動があれば、必ず目標若しくは目標に近い結果に実現出来ます。
マラソンにゴールがあるのと同じく、人生も必ずゴールがあります。自分の人生のゴール時点に何を持って、達成感と幸せを感じられるでしょうか?
自分は今、人生のマラソンの中間時点を通り過ぎて、これから後半に入り、当然ながら、上がり坂、下り坂、苦しみなど前半より多くなる可能性があります。マラソンの経験を生かして、自分を信じ力強く走り続けます。
また、自分だけではなく、周りの人に極力プラスの影響を与えられれば何より幸せだと思います。今回のマラソンで沢山の新しい知り合いのご縁が出来、同じ趣味、志の輪が広がり、今後の仕事、日常生活にもプラスになると思います。
今後、どのような事でも今回のマラソンのように必ず乗り越えると信じています。

ホノルルマラソン無事完走!
ホノルルマラソン無事完走!
キノコパン

初めてのホノルルで、大会前のワイキキビーチの散策、夜ハワイアンダンスの鑑賞と大会後の牛ステーキ・地元有名なキノコパンなどハワイ名物料理を満悦して、あっという間に予定の3日間を過ごしました。
これからアメリカ本土のカリフォルニア・サンフランシスコに行きます。同じく初めてのアメリカ本土の旅については、次回のBlogへ続きます。

2017年12月20日 鈕

新着トピックス